Searching for my soul


by majipenda

West Indian American Day Parade

e0048909_143505.jpg毎年レイバーデイ(9月の1週目の月曜日)、ブルックリンでWest Indian American Day Paradeが行われます。200万人の見学者が来るほど、大きなパレード。

NY中のカリビアンが大集合と言っても過言ではない!去年に引き続き、今年も行ってきました。当日は空が青く、高く、ちょうど夏から秋に変わる感じの晴天日。

e0048909_14362068.jpg
パレードは、多数のグループに分かれていて、それぞれの衣装、音楽を流しながら(フロートと呼ばれる大型トラック)、踊りを披露。

衣装は、赤、オレンジ、黄色、ゴールド、青、シルバー、紫などのなんとも言えず明るい色とりどり。しかも、褐色~黒の肌にみごとなまでに美しく映える。

流れる音楽は、底抜けに明るいカリプソと呼ばれる音楽。そして歩道には、おいしそうなジャークチキンを焼く匂い。(おいしいカリブ料理の屋台が並んでいます)

e0048909_15124882.jpg

      (ジャマイカのフロート。みんなジャマイカの旗を持ってパレード乱入)

パレード見学者も、自分の国の旗を持ったり、旗の色に合わせたファッションをしていたりして、見学者も参加する気が満々。国別にグループが多数に構成されているので、見学者も自分の国のグループが来ると、乱入(!?)して、一緒に混じって歌って踊りまくる!というものすごい炸裂したパレード。

一番押せ押せで大変だったフロートは、このHot97という人気ヒップホップラジオ番組のフロート。私が見えたのは、Sizzla, Foxy Brown, Beenie Man, Elephant Man, Sean Paul。
ついにSean Paulも初見!CD通りの歌声に、画面通りのルックスで素敵。(下の写真は、左からSizzla,Beenie Man, Sean Paul)
e0048909_2383343.jpg

e0048909_2385171.jpg
左の写真はFoxy Brown。(顔は見えないけど)

トリニダッドの血を引くブルックリン出身の彼女。写真でもトリニダッドの旗を持ってます。TVや雑誌よりもずっとやせていて、とってもかわいい笑顔をばらまいていました!同時にセクシー。でもかなりかわいい~印象が強く残る。

ブルックリンには、このWest Indiesと呼ばれるカリブ系の黒人が多く住んでいます。このパレードは、ブルックリンのカルチャーのひとつでもあり、自国のプライドを思いっきり見せられる彼らの為の一日でもあります。

NYと言う場所にいながらも、まるでカリブ海にいるんでは???と思うほどの迫力と南国独自の明るさと盛り上がり。きっと、カリビアン移民一世は自国を思い出し懐かしみ、NY生まれの二世たちは自分たちがどこから来たのか確認できるんだろうな~と思います。

自分の国のIDENTITYを強く持ちながらも、West indian Americanとしての一体感、ブルックリンのコミュニティーの一体感を感じるパレードでした。
[PR]
by majipenda | 2005-09-06 15:18 | Brooklyn