Searching for my soul


by majipenda
先日、DVDになったばかりの"Guess Who"という映画を見ました。
e0048909_15464539.jpg
内容は、Ashton Kutcher扮する白人優秀ビジネスマン・サイモン(かなりおたく風です)が、彼女(婚約者)である黒人のテレサ(Zoe Saldana)の両親の結婚記念日のパーティーの為、彼女の両親に初めて面会、そして週末を滞在することになります。

テレサは、彼氏が白人であることをまったく両親に伝えてなかったことから、彼女の父親、威圧感たっぷりのパーシー・ジョーンズ (Bernie Mac)の困惑と反対劇が始まります。

コメディーなので、そんなに深い人種問題があるわけではありませんが、いくつか映画の中から現代のアメリカ社会が見えるところがありました。


映画の中で、黒人女性・テレサの両親、妹、そして父親側のお父さん(つまりおじいさん)とサイモンで夕食をするシーンがあります。

そこで、テレサの父親パーシーとおじいさんが、白人を差別する侮辱語を次々と発して、笑ってからかうところがあります。もし、白人が黒人を差別する侮辱語を言ったら、大変なことになりますが(殺されちゃうぐらい大変です)、黒人の彼らが他の人種を馬鹿にしてもOKAYな傾向が、残念ながら実際にあります。

映画はこの傾向を反映しているわけですが、差別されているからといって、他の人種を差別していい特権が黒人にあるとは思いません。これでは、人種間の溝を縮められないと思いました。

黒人男性と白人女性の異人種カップルをテーマにした映画は、今まで結構ありましたが、その逆は少し珍しいということ。

実際にも、黒人男性と白人女性のカップルは見ることはあっても、その逆はあまり見たことがなかったです。しかし、最近では私の黒人女性(しかも南部出身!)の友達二人は白人の彼氏がいますし、私の住んでいるブルックリンのエリア(パークスロープ)をはじめフォートグリーンでは、しばしば見かけるようになってきました。それなので、この映画はタイムリーな感じがしました。

個人的には、異人種恋愛・結婚は、人種の溝を深められるとてもよいチャンスだと思っています。、そして異人種間のカップルに生まれたミックスキッズは、ひとつの人種・国籍を超えた存在なので、無知な人々の多い世界を救うのは彼らの手にあり、もっともっとミックスキッズが増えたら世の中よくなるのになーと思います。
[PR]
# by majipenda | 2005-08-16 15:48 | Culture

大好きなJamaican Food

チャカカーンのライブ後、そこがカリビアンが多く住む地域だったので、ジャマイカ料理屋でテイクアウトをしました。

e0048909_14514451.jpgNYに来て、すっかりはまってしまったのがこのジャマイカ料理。日本人の口に合うようで、結構好きな人が多いようです。

今晩は、大盛りのレッドスナッパーとライス&ピーズ(レタスとトマト付)を頼みました。(8ドル)アメリカではお魚が日本のように豊富ではないこと、私自身お魚料理がサーモンぐらいしか作れないことから、ジャマイカ料理に必ずあるお魚のメニューは、かなり助かります。

レッドスナッパーとは、キンメダイのこと。カリビアン料理には欠かせない様々なスパイスで煮込みと焼くの中間で調理されていました。ライス&ピーズは、インゲン豆とお米とココナッツミルクを混ぜて炊いたもの。日本のお赤飯のような見かけです。

e0048909_14515539.jpg
ドリンクは、パイナップルソーダを買いました。昔のファンタパイナップルの様な懐かしい味。

ジャマイカをはじめカリビアン料理屋さんに行くと、フルーツソーダや100%のフルーツジュースが豊富にあります。カリビアンの人にはベジタリアンや、健康志向・ナチュラル志向な人が多いのです。アメリカでは基本中の基本のコーラやスプライトが置いてなかったりします。

黒人といってひとくくりにされがちですが、見かけは同じ肌の色でも、アフリカンアメリカンとカリビアンアメリカンでは、違う文化だということに、ブルックリンに住めば住むほど気が付くことがあります。
[PR]
# by majipenda | 2005-08-16 15:01 | Food
NYの夏はフリーコンサートの季節!!!
今年の絶対に逃してはいけないフリーコンサートとして、前々からチェックをしていた、チャカカーンのライブが、本日8月15日にありました。
場所は、ブルックリンのクラウンハイツというエリアの、Wingate Field (Winthrop Street, between Brooklyn and Kingston Avenues)
とても大きなラグビー場の様なところで、ブルックリン中の黒人の人がみんな集まったのでは!?!?と思うほど、たくさんの人がいました。推定4000人以上の黒人の赤ちゃんからおじいさん・おばあさんまで、まるで日本のお祭りの雰囲気を出していました。

このエリアは、ゲットー度がかなり高く、集まった黒人の観客の多さよりも、異常なまでに多い警察の多さにびっくりしました。もしかしたら、決死のイベントかもしれないと思わせるほど。アメリカではもちろん荷物チェックと身体チェックがあります。これは写真や録画禁止のチェックではなく、武器(銃や刃物)などを持っているかのチェックです。

コンサート自体は7時半からスタートでしたが、チャカがパフォームしたのは9時半過ぎ。そして11時過ぎまでの一時間半以上、めいいっぱい歌ってくれました。

e0048909_14115864.jpg

黒のセクシーなボディコンに黒の網タイツの衣装で、思ったよりもスリムでした。フリーのコンサートにもかかわらず、ブルックリンのみんなの期待を裏切らない大迫力の歌声を聞かせてくれました。CDで聞くよりも上手なシンガーはなかなかいないけれど、彼女はCD以上の歌声。

私の大好きなSweet thingが一番盛り上がった様な気がします。チャカのバックアップシンガーのお兄さんと三人のお姉さんも、それぞれ独自のスタイルでかなりの迫力の歌声も見せてくれました。さすが、チャカのバックアップをしているだけあるなーと関心。そして、チャカのバックアップシンガーたちを讃える様子もとてもほほえましかったです。

熱唱のシーンには、惜しみない拍手や"Go, girl"などの掛け声をする、子供から60歳過ぎのおばちゃんたちまで、みんな一緒に歌って踊って。。。まさに楽しんで生きているというのはこのことか、と見せてくれる黒人の観客は、私は大好きです。

一ヶ月以上にわたって毎週月曜日にここで行われる、 Martin Luther King, Jr.
コンサートシリーズ。今年私が見れるライブはチャカが最後。(来週はカリビアンライブでSHAGGYが来ますが、私はプエルトリコに旅行中の為見れません。)

無事にライブが終わったこと、ただでパフォームをしたチャカと主催者の方に感謝の気持ちでいっぱいです。(ただでみれるなんて!!学生にはありがたい)来年は誰が来るのか楽しみに待つことにします。
[PR]
# by majipenda | 2005-08-16 14:16 | Music
アメリカの男性雑誌、Esquireの9月号にアメリカのベストドレッサーが発表されました。
見事に1位に輝いたのは、Neptune(Hip Hop/R&B Music Producer)のファレル・ウィリアムズ。同誌は、Pharell君を"Hip Hopスタイルのなかに高級感を持ち込んだ。バギージーンズばかりが元気な若者ではないというアイディアを若い世代の男性に与えた」と評価しています。
e0048909_412344.jpg
去年1位のAndre 3000は5位に脱落。続いて。。
2位は、Jake Gyllenhaal
3位は、Kanye West (Rapper, Hip Hop Producer)
4位は、Jude Law
5位は、Andre 3000 from OutKast (Rapper)
12位には、なんと!!日本の小泉総理大臣がランクイン。


e0048909_413167.jpg


日本の野球部にいそうな感じのファレル君。アジア人の印象を受ける、海坊主的セクシーさがいいです。彼のNeptuneとしての音楽のキャリアは、のりにのっていて、Neptuneが作る曲は必ずヒットをすると言われるほど。私も一度聞いたらずっと頭の中をぐるぐる駆け巡る彼らの作る音楽は、どのアーティストが歌っても好きです。

去年の夏は、NeptuneがプロデュースのNellyのFlap Your Wings, Snoop DoggのDrop it like it's hotにはまってなかなか抜けられないほどでした。個人的に、ヒップホップ業界からの方々の活躍が目立っていて、うれしいです。

去年ぐらいからSean Johnなどのヒップホップブランドが、徐々にこぎれいな洋服を展開して、NYの街角でもわずかですが、おしゃれなHIPHOPスタイルが見られるようになりました。

これからもっと、彼の影響で、多くの若い黒人やラティーの男の子も、お尻半分見せるまで異常に大きいバギーパンツを下げ、異様なまで大きいTシャツ(ワンピース級に長いのもよく見ます)の定番スタイルから、こぎれなヒップホップテイストのおしゃれを楽しんでほしいです。
[PR]
# by majipenda | 2005-08-15 04:26 | Fashion/Beauty

OLYMPUS Fashion Week

毎年二回、NYのブライアントパークで行われるNYファッションコレクション。
オリンパス ファッションウィーク スプリング 2006コレクションは、9月の9日から16日まで行われます。

例年通り、Kenneth Coleのショーでコレクションが始まります。
今回からY-3(Yohji YamamotoとAdidasのコラボレーションブランド)がパリからNYに移ります。かなりスポーティーなラインで、アメリカ人受けしそうなのでNYでコレクションをしたほうがよい気がします。
ラストはグウェン ステファニーのショーです。前回の2005年秋冬のラストはジェニファーロペスでした。次の2006年2月の2006秋冬はビヨンセと彼女の母親のブランド、House of Dereonがラストを飾ると見込まれています。

e0048909_3155376.jpg 


(いつも個性的なおしゃれをいるも見せてくれるグウェン。イギリスに住んでいる影響が彼女のファッションに表れています。)








セレブリティーたちのショーがラストを飾る理由は、ショーの後に大量のメディアがバックステージに駆け込んでしまうので、その後にショーを行ったデザイナーのところにくるメディアが少なくなるので、どのデザイナー達もセレブリティーのショーのあとに行いたくないからです。

個人的な意見として、経験のないセレブリティー達がNYのコレクションに進出していく様子を見て、あまり快く思いません。彼らの違う分野で成功しているので、ファッションの経験や知識ががまったくなくても、有名ブランドからのデザイナーをヘッドハンティングをすることなどの十分な金銭的な余裕、そしてそこそこのクオリティーのものが作れるというわけです。また、彼らの知名度があるので、メディアへの注目度も高くブランドの知名度も従って高くなります。

こういったセレブリティーブランドブームが続くと、本当に才能のある若手デザイナーたちがスポットライトをあたる日がこないことになりかねないと危惧しています。
ともあれ、このコレクションが無事に行われることを祈りながら、すばらしいコレクションを展開してくれるだろうデザイナー達のショー今からわくわくしています。
e0048909_3165510.gif

[PR]
# by majipenda | 2005-08-15 03:36 | Fashion/Beauty

Poetry Reading

私の大好きな映画"LOVE JONES"を見て以来、ずっと行きたいと思っていたポエトリーリーディング。

先日、ついにブルックリンのパークスロープにあるSpoken Words Cafeで行われたイベント、"Bless da Mic"に行ってきました。このイベントは、Spoken Word/Poetry Readingを中心に、ヒップホップ, レゲエ, ソカの音楽を自分で作り自己表現をすることが目的。地元のローカルテレビにこの模様が収録されてもいました。

e0048909_1533401.jpg

Spoken Word/Poetry Readingとは、詩の朗読になります。Spoken Wordとは、その場で思いついたことを話すように詩にするもので、ちょうど詩と話すことの中間の様な音の流れで、ラップのフリースタイルの様な感じといえばわかるでしょうか?(自分で前もって書きとめたものを読み上げるときもある)

日本で詩を書くというと”おたく”というイメージが強いですが、こちらでは歌詞を書く感覚や日記の様な感覚で書いている人が多いです。(特に黒人の人が多い気がします)ヒップホップも詩にかなり近いせいもあり、数人の黒人の男の子に詩を送ってもらった経験は何度もあります。

集まった人たちは、大体20人ぐらい。そのほとんどが出演者で、開催側の人たちがカリビアン系だったせいか、私ともう一人のアジア系アメリカ人の女の子を抜かして黒人の人たちでした。そこに集まった人たちは、とてもポジティブな姿勢で一人一人の詩や歌を真剣に聞き、暖かい拍手を一作ごとに送っていました。その中からひとつ詩を抜粋します。

Yes Yall

Yo to all my true friends and frontersOneLove
Love Yourself, Let that be a reminder,
somethings you feel like you give a lot,
realize come to think you just started giving
Yo this world is crazy
Everybody is running a race
to catch what is it that you really want
happiness I dont know
Cause the more you try the more it tires
and makes you want to say forget about it
Yet we got many problems in this world
and we need RESOLUTION
Yo Ive been unemployed so long I had
to open up my own business
As Americans we need to take responsibilty
for our land. We kill it everyday with negativity
Just neglecting things Anger of what I dont really
know cause when done bickering and arguing realize
nothing is change Escalation with Elevation We need
to support each other. Stop the Hatred.

Copyright ©2005 JRC

Spoken Words Café
226 4th Ave. Between Union and President
Brooklyn, New York 11215
718-596-3923 or 917-841-6317
(カリビアン系の経営者のカフェで、店内はカリビアンな雰囲気はもちろん、オーガニックなフルーツジュースやベジタリアン用のハンバーガー、スープ、サンドウィッチ等があります)
[PR]
# by majipenda | 2005-08-14 15:47 | Culture
90年代UKソウル/アシッド・ジャズの異端才人!!!
OMARが毎年恒例の夏のフリーコンサートの為に、ロンドンからブルックリンのフォートグリーンパークに来ました。
e0048909_12273272.jpg


13,14年ぐらい前にOMARの音楽を聴いて以来、彼の独自の世界に
はまっていました。独特のだみ声は、一度聞いたら忘れられないぐらい、
インパクトがあります。現代UKR&B界のスティービーワンダーとも呼ばれています。
アメリカのR&B業界とは違い、彼の音楽には自分の音を追及するし続け、
多様な音楽の影響があふれています。(ジャズ、ファンク、レゲエ、テクノ、ヒップホップ)

どちらかというと玄人好みなOMARなので、日本はもちろん
NYでも彼のコンサートはほとんどありませんでした。
そのOMARがブルックリンでコンサート、しかもただで聞けるなんて、うれしい限り。

当日は霧雨が降っていましたが、OMARのコンサートが始まって少したつと雨も上がっていました。雨だったせいか、観客も少なく目の前で座りながらOMARの音楽に
浸ることが出来ました。
場所はフォートグリーンというアーティストが多く住むエリアで、スパイクリーのスタジオがあったり、エリカバドゥ、DJスピナ、モスデフなども出没するエリア。

観客の多くは、おしゃれな黒人のお姉さん~おばさんが多かったです。色とりどりの洋服を来て踊っている姿はとても素敵でした。観客をみているだけでも楽しいぐらい、個性的で素敵なヴァイブを発している女性が多かったです。きっと、OMARの音楽がこういう素敵な人たちを集めているんでしょう。

e0048909_12292137.jpg

ライブ後は、CDを売っているテントにさりげなく現れてファンにサインをあげたり、写真を一緒にとっていました。
我が道を進むOMAR、とてもかっこよかったです。

(音楽だけでなく、見かけも10年以上前とまったく変わらない!!)












(Summer Concertのスケジュール)

http://www.cityparksfoundation.org/index1.aspx?BD=18141

[PR]
# by majipenda | 2005-08-14 12:35 | Music

Summer Class @ FIT

アメリカの大学の夏休みはとても長い!
5月の末から8月の末まで3ヶ月あります。

私は単位を少しでも増やしたいと思い、夏のクラスを
二つ取っていたので、6月と7月いっぱいは毎日朝の9時から
学校に行っていました。

現在通っている私の学校FIT(Fashion Institute of Technology)は
27th Street の 7th Ave and 8th Aveにあります。
ミッドタウンのチェルシー呼ばれるエリアです。

学校の付近から40THあたりまでの7th AvenueはFashion Avenueという名前が
ついています。また、この付近はファッション・ディストリクトと呼ばれ、多くのファッション関係の会社が点在しているところでもあります。

夏のクラスを取っていたときの学校から取ったの写真です。
まさにマンハッタンの真ん中!という感じにビルに囲まれています。
(私の日本で4年間通っていた緑の多い八王子の学校とは180度違う景色)
e0048909_11161956.jpg

e0048909_11162930.jpg

[PR]
# by majipenda | 2005-08-14 11:15 | Fashion/Beauty

Grand Army Plaza

私がブルックリンの凱旋門と呼んでいる、Soldiers & Sailors Memorial Archがグランドアーミープラザにあります。

e0048909_10124033.jpg

このアーチがプロスペクト パークの始点にもなっています。ここから伸びるプロスペクト パーク ウェストという通りは、アッパーウェストサイドの様なアパートが並んでいます。

家賃はもちろんとても高く、賃貸のアパートはあまりないようです。ドアマンがロビーにいるアパートもあり、住居人はお医者さん、弁護士さん、等のようです。この周りは、パークスロープと呼ばれ、ブルックリンで今人気のエリアです。

私は以前タクシーで夜中通り過ぎたときに、このアーチが押さえ気味のオレンジの光でライトアップされ、まるでパリにいるかのようなロマンティックな気分になったほどです。ブルックリン=怖いイメージがあるようですが、ブルックリンにもこんな一面もあります。
[PR]
# by majipenda | 2005-08-14 10:13 | Brooklyn

WILD LILLY TEA ROOM

NYにあるおしゃれな茶室CAFE、Wild Lilly Tea Room(野漣)に行ってきました。
15席程度のこじんまりしているお茶専門のカフェです。

e0048909_1020811.jpg

店内には、丸い池(金魚もいます)があり、モダンであるけれど暖かさを感じる水に、心をいやされます。とてもセンスの良いお花がテーブルにおいてあったり、壁には陶芸(売っています)が飾られています。

e0048909_10205117.jpg
たくさんのお茶があり、完全に迷ってしまいました。
メニューには以下のお茶の種類ごとに書かれていました。
Season Specials/Tea Club Select tea
Black tea
White tea
Fun tea
Japanese tea
Chinese tea
Wild Lilly House Blend
Herbal tisane/Rooibos
Tea Connoisseur





とても親切な店員さんにお勧めを聞いて、一緒に行ったお友達はワイルドリリーハウスブレンドの中からアイスライチティー、私はジャパニーズ・ティーの中から抹茶アイスティー、グリーンティー餅アイスクリームを頼みました。

アイスライチティーは、グラスの中には本物のライチが3~4個入っていて、少し甘めだけれどもすっきりした後味です。抹茶アイスティーは、少し苦かったので、ミルクとシロップを入れて飲みました。

日本では当たり前のように、アイスティーやアイスコーヒーを飲むときについてくるシロップですが、アメリカではまったくみかけません。

溶けないで下にたまってしまうのに、アメリカ人はみんなお砂糖をいれます。

日本のような小さい容器に入っているシロップが何でないんだ!!とNYに来た当初は思いましたが、それにもすっかり慣れてしまって時に、シロップが出された時には、さすが!!!日本のカフェ!!と感激しました。
(日本のオーナーだとてっきり思っていたけれど、実は台湾人のオーナーでした)

餅アイスクリームは、雪見大福みたいなもので、柔らかいよもぎもちに抹茶アイスクリームが中に包まれていて、とてもおいしかったです。

日本風だけれど、日本には決してない、NYのモダンでセンスのあるカフェで、
お茶の販売もしているので、帰りに買って帰ることもできます。
斜め前にはコムデギャルソン、周りにはギャラリーが並ぶあるエリアなので、
休憩に立ち寄る際にも、お勧めです。

Wild Lilly Tea Room
511-A W. 22nd St. NY
(between 10th and 11th Ave.)
Open Tuesday-Sunday;12:00pm - 9:00pm
Closed Monday
e0048909_10213486.jpg
[PR]
# by majipenda | 2005-08-14 09:44 | Food

読書@Prospect Park

7月末にブルックリンのプロスペクトパークまで歩いていける距離に引越しをしました。
ずっとその公園で読書をしたかったのですが、連日蒸し暑い日が続いていたので出来ずにいました。

先日、少しDRYな日があったので読みかけの本を一気に読みたくてプロスペクトパークについに行きました。
一人で不安になりながら、怪しい小道を歩いてトンネルをくぐると。。。
そこにはとてもひろーーーい野原で、360度緑の木々と青い空しか見えない景色が広がっているではないですか!聞こえてくる音も、気持ちの良い風と鳥やせみの鳴き声のみ。
e0048909_827209.jpg
読んでいた本は「魂」関係の本だったので、電車が音が聞こえるところでは集中して読めなかったのですが、プロスペクトパークの自然に囲まれて気持ちも頭もクリアーになり、本の内容も心にスーッと入ってきました。
自然の恵みをいっぱいに感じて、一体できたひと時でした。

セントラルパークと違って、ブルックリンのプロスペクトパークは人の数が断然少ないところが、気に入っています。ブルックリンに住んでいてよかったな~と思いました。
[PR]
# by majipenda | 2005-08-14 08:29 | Brooklyn