Searching for my soul


by majipenda

<   2006年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

Little Brother @Fort Greene Park

NYの夏はフリーコンサートでいっぱい!!!!

7月25日にブルックリンのフォートグリーン・パークで行われたLittle Brotherのフリーライブに行ってきました。
e0048909_1354467.jpg

先週行われたリッチ・メディーナのパフォームを逃した私は、気合をいれて、7時には到着しステージ前で待機。

7時半に登場した、Little Brotherはノースキャロライナ出身のおでぶな二人組み。1時間ちょっとのパフォーマンスのよかったし、何よりも会場を笑わせてくれるおもしろキャラなエンターテイナーでもあった。
e0048909_135599.jpg

最近のHIPHOPはまったく聞かなくなってしまった今、唯一聞けるHIPHOPアーティストのうちの一人。90年代HIPHOPが好きな人、The Tribe Called Questあたりが好きな人なら、きっと気に入ると思います。
[PR]
by majipenda | 2006-07-27 13:06 | Music
ブルックリンでお勧めなキューバ・レストランといったらここ!!!Cubana Cafe。

キャロルガーデンと言うエリアのSmith Streetにあり、パークスロープ、フォートグリーンに並び人気のあるスポットで、ラウンジ、レストラン、バー、洋服屋さんが多く並びます。
e0048909_12105232.jpg

そんなに大きくないレストランにたくさんの人で賑わっていて、夜の9時過ぎまで外で並んでいるお客さんがいるほど。

おいしいだけでなく、お値段もかなりリーズナブル。メインで10ドル以下で食べられるだけでなく、グラスワインが4ドル、カクテルなどが6ドル。夏の夜には、必ずご飯と一緒にお酒を飲みたい私にはうれしいお値段。

しかし、キャッシュの支払いのみなので、行く前にはお財布を確認するのを忘れずに。

私がオーダーしたのは、サルサ味のピリからシュリンプとお豆とご飯。スパイスがよく効いていてちょっぴりからいソースは、夏の夜にぴったり。
e0048909_12102861.jpg

友達オーダーしたのは、マンゴーチキン。マンゴーなので甘いのを想像していたのだが、こちらもスパイスがよく効いた甘辛いソースがよく合う。
e0048909_12103758.jpg


272 Smith St
Brooklyn, NY 11231 地図はこちら
(718) 858-3980
Sun-Thu 11am-11pm
Fri-Sat 10am-11pm
Cross Street: Between Sackett Street and DeGraw Street
Directions: F, G at Bergen St
e0048909_121614.jpg

[PR]
by majipenda | 2006-07-27 12:10 | Brooklyn

Graffiti @Brooklyn Museum

6月30日から9月3日までブルックリン美術館でグラフィティーの展示をやっています。

e0048909_11513212.jpg

70年代から地下鉄や街角の壁にスプレーを使って描かれていたグラフィティー。そしてグラフィティーアーティストたちは、キャンパスや大きな紙にも書くようになり、アートコレクターやディーラーたちの目にもとまるようになり、グラフィティーが単なる落書きではなく、”アート”とみなされるようになりました。
e0048909_251118.jpg

展示には、大きなサイズのグラフィティーの作品がならんでいて、美術館で見るとまた違った印象。ビデオ映像もあり、グラフィティーの最盛期の様子も見れます。

ブルックリンの街角にあるグラフィティーの写真は、このリンク先で見れます。
[PR]
by majipenda | 2006-07-27 11:51 | Brooklyn

Brand New Heavies @WARSAW

8月19日に、90年代にACID JAZZブームを起こしたUKグループBrand New Heaviesのライブに行ってきました。最近、Brand New HeaviesがReunionしてCDをリリース。

個人的には、N'DEAがボーカルの時のBrand New Heaviesが最高だったので、このRenionは嬉しい。

まさかブルックリンでライブを見れるなんて、90年代高校生だった私には想像もつかなかった。90年代のACID JAZZは、当時の私にはとっても衝撃的だったし、夢中でした。Talking Loudミュージックレーベルから輩出するアーティストはみんないいアーティストだったし。

ヒット曲のDream on Dreamerは94年にJ-WAVEでヘビーローテーションだったな~。なつかしのこの曲のビデオはこちらから見れます。

ライブの会場は。。。名前から分かるとおりWARSAW=ワルシャワ。POLISHが多く住むブルックリンのグリーンポイント・ウィリアムズバーグなので、この名前。でも中はPOLISHの人が集い集会をやっていた名残が強く残る公民館!!!って感じです。おじいちゃん・おばあちゃんが座っている感じのイスと机がある、BARと小さなスナック。ステージは、体育館みたいな感じ。こんなところにBrand New Heaviesを呼ばなくても。。。とか思った。SOBSとかBlue Noteでもいいのに。それにも関わらず会場には、たくさんの人が集まっていました。

ライブは1時間半ちょっと。最初はN'DEAのボーカルはまずまずだったけれど、ウォームアップしたせいかどんどんいい調子になってきて、90年代そのままのハスキーで独特なボーカルを披露!!!途中30分後ぐらいに、Brother Sisterを歌った時は、メンバーも会場も盛り上がって来ました。
e0048909_10285335.jpg

90年代の音楽シーンにリアルタイムでどっぷり浸かれてよかったと思った一日。
一緒に行った友達とも話していたのが、90年代のアーティストっていいアーティストが多かったし、実力があるからこそ今再結成しても会場を満足させられるんだと思います。
e0048909_1029498.jpg

[PR]
by majipenda | 2006-07-27 10:29 | Music

Neutrogena Lip Soother

ずっと使っていたランコムのグロスが切れかかっていて、次はどこにしようかと思っていた。

きらきらパール感があるグロスは、つけたときはいいものの、すぐに崩れやすく、長持ちしなかったりするので、いいかげん嫌になってきたところで、つやつやしたのを探していたところ、友達からお勧めされたのが、Neutragenaから新発売されたLip Smoother。
e0048909_14543678.jpg

アメリカのドラッグストア(日本のマツキヨみたいなところ)ならどこでも置いてあるスキンケアライン・Neutrogena(ニュートロジーナ)。”皮膚科医がお勧めする”をキャッチフレーズに、安い値段でアクネケア、一般スキンケア、そしてコスメを展開。

この新発売のLip Smootherは、くちびるのかさつきを潤す効果と、とっても長持ちするつやつやのグロスの効果の両方を兼ねそろえた優れもの。さらにSPF20つき。しかも5ドル程度。

マンゴーかパパイヤを彷彿とするフルーティー系の匂いつき。つけたときは、甘いがその後すーっとした感覚が残るので、甘ったるさが残らないし、匂いが苦手な人でも嫌な感じはしないと思います。

このグロスのぷるるん感とつやつや感が、みずみずしいセクシーなくちびるに仕上げてくれます。色は薄づきなので、手持ちの口紅やリップライナーと合わせてつけた方がいいです。
[PR]
by majipenda | 2006-07-14 14:55 | Fashion/Beauty

Aura-Soma

e0048909_136544.jpg

色は、最初に見たときにぱっと目に付くもので、FITのマーケティングのクラスでもお客さんが洋服を選ぶ時に一番に目に付くのが”色”だとよく叩き込まれました。それだけに、新しいシーズンのデザインの時に、”色”選びは非常に重要になると。

確かに、たくさん洋服が並んであるラックを見たときに気になる色・自分の好きな色の洋服をまず見てから、スタイル、シルエット、ディテール、素材などをチェックする方が多いと思います。

さらに色による感情の表現や(怒る=赤、恋=ピンクなど)、部屋の色使いによっては異なる心理的な印象もありますね。

色は、実は日常生活の中で常に選んでいて、気持ちによって選ぶ色が違ったりするものだと気がつきます。

そこで、最近、ちょっと気になっているオーラ・ソーマ。

e0048909_1341918.jpg1983年、イギリス人のヴィッキー・ウォールさんによって生まれた、色による心と体を癒すカラーセラピーとのこと。

Auraとは、ラテン語に由来し”微妙な光、蒸気、空気のようなもの”を意味し、Somaとは古代ギリシア語では”身体”を意味し、インドのサンスクリット語で”魂を神聖なるエクスタシーに導く神秘的な飲み物と意味するらしい。つまり自分の魂・身体から出ているオーラといった感じでしょうか。

魂は目で見えるものではないですが、オーラ・ソーマにより、自分自身の魂を色によって現され、自分自身を認識し、自分自身の意識・魂の成長を目的とする心理療法だそうです。

ということは、自分自身を見つけるツールといった感じだと思います。

私のBLOGの写真に下のフレーズに”Seaching for my soul"と書いてありますが、大学生の頃からよく考えていたことであり、さらにNY (aka Concrete Jungle)の大都会へ引っ越してきてから、さらに私個人として(外国人として)生きていくうえで、自分が何者であるのか?そしてどこに向かっていくのか?(成長という意味で)という疑問を常日頃持ちながら生きています。

なのでこのオーラ・ソーマ、もうちょっと深く知っていったらはまりそうな予感です。

基本的には、オーラ・ソーマのボトルの中から、”パッと目にきた、何か気になる、この色が好き”などの直感で4本選んで、その色の意味=自分の魂・今後のアドバイスとなるようです。
インターネットですが試してみたい方は、こちらで。
e0048909_1314663.jpg


占いではないと知りながらも、やってしまった誕生日による私の色。
試したい方はこちら

e0048909_1258412.jpg
ソフィア
Sofhia
ロイヤルブルー/ゴールド




良い知らせが届くというメッセージ
考え方が明確で、ストレートな態度で他の人と関わることができるので、平和な関係を築くことができます。自分の経験からあらゆることを学び、そこから新たな智恵を得ることができます。強いカリスマ性を持っています。必要なものはなぜか手に入る人ですが、物質的なものには重要性を感じず、できるだけシンプルな生活をしたいと思っています。
[PR]
by majipenda | 2006-07-14 13:07 | NY/BKLYN Daily Life

Brooklyn Moon

Fort GreeneにあるBrooklyn Moonは、私のランチの定番。
e0048909_10412314.jpg

ソウルフード・カリビアンフード・アメリカンフードといったメニューが並び、バルバトス系(カリブ海に浮かぶ島)のオーナーの嗜好から、店内はいつもレゲエがかかっています。
店内は、古めかしいインテリアで(決しておしゃれとは言えず)、レゲエのまったり感が漂い、ウェイトレスさんたちのサービスがかなりスローーーーーですが。。。

しかし、ブルックリンのローカルなお客さんが集まるところで、お店の前でチェスをしたりしてたまっている常連客で賑わっていることがあります。夏には、レゲエを爆音にして、お店の外で冷たいスムージーを作ってくれるので、(5ドル)通りかかりの人も、ついつい買ってのどを潤しています。

ランチのメニュー時間は、なんと12時から7時まで!
メインの一品(Whiting Fish Burger, Salmon Burger, Turkey Burger, Jerk Chicken, Fried Chicken,Veggie Wrap等など) とサイド一品(Spicy Fries, Curry Potato, Apple Salada, Rice & Peas等など)がついてきて、なんとたったの5ドル。

私のお気に入りのランチメニューは、Fried Whiting Fish BurgerとSpicy Fries。
トマト、ミックススプリング、タラのフライが二枚も入っています。フライのタラは、一口かじると外のサクサク感と中のジューシーな白身がやわらかくとろける絶品。
e0048909_10414331.jpg

少し甘ーいソースがうっすら入っていますが、調味料はほとんど入ってないのに、お魚がとってもおいしく引き立っている。
さらにやわらかいパンのおかげで、あっという間に食べ終わってしまいます。Spicy Friesは、フレンチフライにたっぷりパプリカをかけてあり、辛くなくておいしい。
e0048909_1041596.jpg



夜になるとバーカウンターに常連さんがお酒を飲んだり、店員さんと会話したりして、たむろっています。
e0048909_1044596.jpg

夜のメニューは、メイン一品とサイドが2品ついてきて10ドル程度。私が頼んだFried Chickenは、チキンブレスト(胸)なので骨がない。ブレストはぱさぱさしがちですが、ここのはスパイスがしっかりと中までしみこんでいてジューシー。しばらく食べるまで、ブレストだと気がつかなかった程。
そして、サイドオーダーの一押しは、Rice&Peas。ご飯と赤いインゲン豆をココナッツミルクで炊いてあり、その上に激うまのちょっぴりスパイシーなソースが。(何でできているのかわからないので、説明できないのですが)Rice&Peasは、Brooklyn Moonが今までの中で一番おいしいと個人的に思います。

Brooklyn Moon
745 Fulton St (Between South Portland and South Elliot)
Brooklyn, NY 11217
(718) 243-0424
A, C at Lafayette Ave, or G at Fulton St.
[PR]
by majipenda | 2006-07-14 10:44 | Brooklyn
毎年、ブルックリンのWingate Fieldで行われる(ゲットー度200%)フリーコンサート情報。今年も豪華メンツなので、ブルックリンに住んでいる方はお見逃しなく。

場所はWingate Field。Winthrop st between Brooklyn avenue and Kingston avenue。2か5のトレインでWINTHROPで下車して徒歩5分。
時間は7時半から。(と書いてありますが、いつも始まるのは遅いです)

Martin Luther King Jr. Concert Series

7月10日 Anthony Hamilton & Angie Stone
7月17日 Stephan Mills, The Whispers, Melba Moore  
7月24日 Mighty Clouds of Joy, Tye Tribette, Greater annointing lexi
7月31日 Roberta Flack, James Ingram
8月 7日 LL Cool J
8月14日 The Mighty Sparrow, Toots&The maytals, third world, Maxi Priest, Rik Rok
8月21日 The Temptation Review

10日のアンソニーハミルトンとアンジーストーン、31日のロバータ・フラック、8月7日のLL COOL Jだけは絶対に見逃せない!
[PR]
by majipenda | 2006-07-03 14:41 | Brooklyn

Bob Marley Blvd

e0048909_143587.jpg
7月1日にブルックリンに走る3大カリビアンコミュニティー通りのうちの1つである、Church AvenueのEast 98th StとRemsen Avenueの間の8ブロックが"Bob Marley Boulevard”と名づけられました。

地図はこちら

ここのエリアは、多くのジャマイカ系移民が住んでいて、1月にコミュニティーが伝説的レゲエシンガーのボブ・マーリーの名前をChurch Avenueにつけることを申請。5月には市長から正式な許可が下りた。

このエリアはBrownsvilleと呼ばれるところ。Flatbush~BrownsvilleのChurch Avenueは、まさにLittle Kingston!!!! ジャマイカ系ならきっと嬉しいアドレスになることでしょう。
e0048909_142529.jpg

[PR]
by majipenda | 2006-07-03 14:03 | Brooklyn

BAM AFRICA

気がついたら1ヶ月前のことになってしまったけれど。。。。。
e0048909_11443547.jpg
T&Tに行く直前の5月末、メモリアルズデー・ウィークエンド(戦没者記念日)のブルックリンと言えば、BAM(Brooklyn Academy of Music)のBAM AFRICA祭。アフリカンダンス・アート・映画がこの週末にBAMで見れます。(写真上の建物)
e0048909_13532538.jpg

e0048909_13533499.jpg

BAMの周りは、歩行者天国になっていてたくさんの人で賑わっていました。
e0048909_11444831.jpg

暑かったこともあり(30度を越す)、冷たいレモネードを飲みながら歩くと、おいしそうな焼きとうもろこしやカリビアン・フードの匂いが漂い、レゲエCDを売るベンダー(露店)からダンスホールががんがんにかかっている。
e0048909_1145771.jpg
(おいしいとうもろこし。お祭りといえば焼きもろこしは、日本もBKLYNも同じ)

歩いているだけでも、とっても楽しいイベント。おしゃれな人も多いし、ブルックリン!!のローカルの人々と雰囲気がよく表れている。
e0048909_1158138.jpg

e0048909_11582774.jpg

e0048909_11583995.jpg

e0048909_11585753.jpg

ベンダー(露店)は、アフリカやカリビアンフードからアフリカの民芸品・ファブリック、レゲエ・ソウル・ハウスミュージックのCDを売るDJ、そしておしゃれな黒人デザイナーの洋服など。
エターナル・ライフと言う意味を持つアンクのステンドグラス。神秘的で美しい。
e0048909_11454958.jpg

アフリカの太鼓・ジャンベもこんな風に売っている。
e0048909_11455832.jpg

ビンテージと新品の洋服を売っているベンダーの前には、生身のマネキンが!!!暑いのにじっとしていてご苦労様です。
e0048909_11461047.jpg

クロシェで作られたイアリング。
e0048909_11461945.jpg

歩いていたら、友達に遭遇!!!!!(写真下)
露店に出展するにはお金がかかるけれど、アクセサリーならこんな風に持ち歩いて売ることができる。貝やコーラルなど海のものがとっても好きで、さらに大好きなカッパーと合わせてあるイアリングはまさに私のつぼ!すぐにお買い上げ!!!
e0048909_11483999.jpg

アフリカの恵み、シアバターの原形。肌につけるとす~と馴染むし、保湿力も高い。
e0048909_11463380.jpg

それが、こんなプラスティックの容器に入れて売られている。
e0048909_11464538.jpg

アフリカ人の集団がアフリカン太鼓を持って、待機。
e0048909_12112444.jpg

ジャンベがたたき出されると、人が次々と集まりだし、大人も子供も踊り出す。
e0048909_12462896.jpg


ブルックリン市民が集まるローカルなイベントなんだけれど、アーティストでおしゃれな雰囲気が少し漂うところが好きです。つくづくブルックリンに住んでいて良かったと思うイベント。
[PR]
by majipenda | 2006-07-01 12:54 | Brooklyn