Searching for my soul


by majipenda

<   2005年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

Black Friday

11月の第4木曜日はサンクスギビング(感謝祭)と呼ばれる祝日で、アメリカのほとんどの家庭でターキー(七面鳥)を焼いてディナーを家族そろって食べる日。

このサンクスギビングの次の日(金曜日)は、小売業界にとっては重要な日で、ブラックフライデーと呼ばれています。

”ブラック”という響きは1929年の「ブラック・サーズデー」(暗黒の木曜日)を思い浮かべがちなのでネガティブな意味に聞こえがち。しかし、多くのお客さんがクリスマスショッピングして”黒字”になるホリデーシーズンの到来という意味。

ニューヨークはクリスマスの飾りつけがきれいで、どこのお店でもクリスマスソングが流れています。

e0048909_1773542.jpg多くの小売業社がこの日にそなえてスペシャルセールを開催!
大手小売店では朝の5時・6時からスペシャルセールが行われて、徹夜して並ぶお客さんはもちろん、お目当てのセール品をめぐって喧嘩をしてしまうほど。


インターネットで調べたところウッドベリーコモン(アウトレット)はなんと夜中からセールが開催され、それにあわせポートオーソリティーからは夜中1時のバスが臨時発車。

イベント大好きなアメリカ人。小売業のプロモーションに踊らされ、買い物熱が爆発。

e0048909_17142281.jpgこの日は日本から遊びに来ていた友達のショッピングの付き合いで、マンハッタンへ。
どこもかしこもショッピングバックを持った多くの人で、ごった返していました。

買い物の最終地は、夜の11時までオープンしているユニオンスクエアのDSW(ディスカウント靴屋)。買い物はクリスマス後と決めていた私でしたが、そこで思わぬ収穫が。

私の靴のサイズはアメリカの4~5(日本の21~22センチ)なので、NYで靴を見つけるのは本当に苦労の連続。ほとんどのお店においてある靴は、一番小さくてサイズ6(23センチ)。

e0048909_17145171.jpgいつもNYで損をしている私ですが、プラダ/ミュウミュウのサンダル99ドル・ブーツ129ドル・グッチのブーツ179ドルを見つけました!ラッキーなことに残っているのは、すべて小さいサイズ。

ファッションの学校に通うものの、留学生の身分。ブランド物には到底届かない私にとっては、涙もの。この日ばかりは、足が小さいことを悔やまず、逆に得な思いをした日でした。

クラスメートから、ユニオンスクエアのDSWには小さいサイズの靴が結構あるという情報を聞きました。靴のサイズが小さい方には、立ち寄る価値はありそうです。
[PR]
by majipenda | 2005-11-28 17:25 | Fashion/Beauty
e0048909_12155523.jpgブルックリン在住で知り合いのカスタムメイド・デザイナーamparo3 de agua dulceがファッションショウを行いました。

場所はクリントン・ヒル(ブルックリン)というエリアにある、こじんまりしたバーGRAND275。

ショーのタイトルはalchemy series part I: ENTROPY。

BGMは、ブラジル~中東~インド~アフリカの民族音楽の影響を受けたような少し幻想的なムードある音楽。



e0048909_12163296.jpg
3人のモデルはCOPPER(銅)を顔・全身に吹き付けていて、作品はデニムにくすんだピンク~カッパーを基調に吹きつけを施したもの。

モデルたちは、振り付け・ダンス(創作ダンスというか、アートな感じ)をしながら、"Copper is the mother!"とセリフを途中で放ちつつ、席に座っている人たちにペニー(銅で出来ている1セント=1円)を配るパフォーマンス。タイトル通り、錬金術を彷彿させる演出と作品。


e0048909_1220382.jpg他の3人のモデルは、メイクはカッパーで決めていて、作品はサテン素材のくすんだサーモンピンク、レンガ色、クリーム色、赤オレンジなど。少しアフリカ伝統生地を使ったものもあり、エスニックフレーバーが出ていました。e0048909_12223511.jpg


非常にアート色が強いショーで興味深かったです。

タイトルを見るとシリーズⅠと書かれているので、なにやら続きがありそうです。今後、どんな展開になるのか期待です。
[PR]
by majipenda | 2005-11-21 12:34 | Fashion/Beauty
11月16日に、インディーながら圧倒的な人気を誇り、ライブが非常に好評なLEDISIのライブに行きました。(SOBSにて)

LEDISIはニューオリンズ生まれ、10歳の時にオークランドに引っ越す。小さい頃にオペラ、ピアノといったクラシックを学び、高校の時はゴスペルを、大学ではジャズを学ぶ。現在LEDISIは、ボイスレッスンを個人もしくはバークレーのジャズスクールで教えていて、彼女にレッスンを受けたいと切望するシンガーは山ほどいるらしい。

商業路線とは一切線を切っているLEDISI。2000年にインディーから発売したCD”Soulsinger"は、2003年にリミックス・リマスターして再発売。5年経っている今も口コミによってひしひしと広まっている様子。

e0048909_9235720.jpgライブの前にCDを買おうとNYのCD屋さんを出来るだけ探したけれど、どこにも置いていない。彼女のWEBSITEからも残念ながら購入できず。

アメリカのAmazon.comで買おうと思い、調べてみると何と$115の値段が付けられている!!中古の一番安いものでも$45。インディーなので数がないのだろうけれど、これも作戦か?!(結局CDを買わないでライブへ)

ファンク~ジャズ~ソウルと様々な音楽要素を持ったライブは一時間半弱。

CDではジャジーな印象だったけれども、ライブではCDの1000倍のソウルパワーが炸裂!彼女は声をまるで楽器さながら完璧に操る声の魔術師。ライブを一言で言うならI was blown away!!!

ライブ慣れしている様子で、観客を乗せて盛り上げるのが非常にうまく、物まね?人まね?がお得意な様子で冗談を次々とかまして、会場を笑い転げさせ、彼女と会場の距離をぐぐっと縮めててくれました。

e0048909_928353.jpgチャカを彷彿させる"Get outa my kitchen"では、ばりばりのファンを披露したかと思えば、生まれ故郷でありジャズの都ニューオリンズの為にルイ・アームストロングの"What a wonderful world"では切ないほどまでジャジーに歌うLEDISIの姿に思わず涙が出てきました。

歌もすごいが、もっとすごいのが彼女のスキャット。

ジャズだけれども、都会的なジャズではなく、母なる大地アフリカの血が彼女の体全身に濃く流れ騒いでいるような感じ。さらにスキャットでありながらStorytellingまでも成し遂げてしまう。
(ポエトリーの才能もあるようで本を出版する予定)

歌詞も演奏もない状態で100%以上の表現力が声のみで出来る才能。

ラスト二曲目では、彼女が日常に疲れてサンフランシスコから、新しい自分の一歩の為にNYへスーツケース二つ持って飛び出し、自分の本当にやりたいことへ向かい出した実体験の話をして、観客へポジティブなメッセージを送ってくれました。そして"Take Time"を披露。

最後は、なんと70年代ロック(とても有名な曲ですが名前が思い出せません。多分Rolling stone)で締めくくりました。

こんなにもダイナミックな”声”に圧倒されたことは初めて。ライブでの彼女の声の説明は言葉では表現できないけれど、LEDISIは、間違えなく現代ソウルミュージック界の声のエキスパートであり、優れたパフォーム力を持つ真のアーティストです!!! 
[PR]
by majipenda | 2005-11-19 09:50 | Music

MEET FLOETRY

11月11日(金)に近所のCD屋さんにFloetryのサイン会があり、ライブでの興奮がまったく冷めやらずの状態で行って来ました。

6時からのサイン会にも関わらず、5時40分に到着した私と友達は一番乗り!
やっぱり時間通りに始まるわけがないと思っていたけど、その通り。CD屋さんでは掃除機をかけたり、風船を用意したりセットアップしている状態。

6時を過ぎると徐々に人も集まってきましたが、小さいCD屋さんで、場所も場所だったので、30人ぐらい!!!でした。でもそのおかげで、サインだけでなく、Floetryとお話を出来る機会が出来ました。
e0048909_9124832.jpg
Floetryは想像通り、Down to the earhのお姉さん二人。
Natalieはノーメイクなのに、写真で見るよりも実物の方がずっとキュートな印象。
Marshaは、ステージではほとんど話さないのでおとなしいイメージでしたが、実際は気さくによく話してくれました。二人のファッションがとても好きですが、この日もおしゃれに決めていました。

帽子をよくかぶっているMarshaですが、私のかぶっている帽子に興味を持ったところから話が発展して、彼女も昔、私と同じ様なファッションビジネスを勉強していたけれど、Natalieと友達で歌の世界に入ったけど。。と言っていました。さらに私の友達Ayazakuraが作った指輪に二人が目をつけて、とても気に入った様子で、どこで手に入れられるか連絡してね!と言っていました。

二人ともいたって飾らず気さくで、ファンをとても大事にするアーティスト。実際に会って話まで出来ると思わなかったので、とても嬉しかったです。ますますFloetryの二人が大好きになったひと時でした。
[PR]
by majipenda | 2005-11-13 09:14 | Music

Floetry Live

e0048909_557218.jpg11月9日にSobsで行われたFloetryのライブに行ってきました。Floetryはロンドン出身のSroken Words担当Natalie(aka Floacist)"と歌担当のMarsha(aka Songstress)の二人組みユニット。5年前から活動をフィリーに移しています。

9日、10日の2日間のショーの予定でしたが、ソールドアウトになってしまったので急遽Sobsが9日にレイトショウを追加。ライブの前日の8日に待望の2NDアルバム”Flo'ology”が発売されました。もちろんその日に買ってライブの為に予習済み。


e0048909_601682.jpg
INTROからはじまり、最初の曲は2NDアルバムからFeelingsで幕開け。
この日のライブはラジオで流れているということもあったのか、最初からFloetryのエネルギー・集中力がすごい!!! 
1STと2NDから交互に曲を11曲(多分)披露してくれました。

2NDを聞いてすぐさま一番好きになった曲”Lay Down"は、私個人的な気持ちを代弁してくれる曲でもあり、”Say Yes"と並ぶぐらい私を魅了する曲。なので、”Lay Down"を聞いた時には、取り付かれたように聞き入ってしまいました。

e0048909_664866.jpgその後は、絶対に欠かせない曲、”Say Yes"では会場のみんなで大合唱。

”Getting late”、”Butterflies"も私の思い入れがある曲であると同時に、Marshaの美しい声の伸びかつソウルフルなのがとてもよかったです。

Superstar、Floeticを熱唱したあと、Floetryのライブでお決まりのオールドスクール・ヒップホップメドレー、クラシック・レゲエダンスホールメドレー、プラス二人がオールドスクールダンスを少し披露し、会場全員を熱狂の渦に!!!

そしてMarshがチャカカーンの”Sweet thing"を大大大熱唱!!Marshaのチャカは、本人にも負けないぐらいすごかったのにはみんな大喜び!!!

e0048909_683065.jpg今回はレイトショーがあるということで時間的に詰まっていたので、曲数が少なかったものの、それを不満に思わせないぐらいの充実。Floetryのライブは今回で三回目ですが、今回が一番良かったライブ。

Floetryは会場のファンと一体にライブをするアーティスト。ここまで人を魅了して一緒に楽しませてくれるアーティストはなかなかいないと思います。Spoken wordと歌を同時に二人が歌っているのに、完璧なマッチは驚くばかり。二人の才能のケミストリーが奇跡的にぴったりとあったしか思えない。

こんなに私を幸せな気持ちにしてくれたFloetryへ感謝の気持ちとライブの興奮からしばらくは冷めそうになさそうです。
GIVE THANKS, FLOETRY!!!!!!!!!!!
[PR]
by majipenda | 2005-11-13 06:59 | Music

UNDERGROUND RAILROAD

e0048909_953347.jpgブログで知り合いになったKOKOSOULさんから、光栄にもお誘いを頂き、5日深夜NYラジオステーションWBAI(FM99.5)のヒップホップ番組Underground Railroadに一緒に遊びに行きました。





普段は土曜日深夜12時から2時までですが、この日はレア・ラジオスペシャルということで、この番組のオールスターDJ軍団が集まり、深夜12時から6時までクラシックダンスミュージック・ハウスミュージック回す特別な日。

e0048909_954088.jpg大人数の人がスタジオに集まり、それぞれ持ち寄った食べ物や飲み物をいただきながら、よい音楽を体全身で感じる一夜。
とてもアットホームな雰囲気で、初めて行かせていただいた私でもとても暖かく迎えて頂いたので、こちらもすっかり音楽にリラックスして楽しむことが出来ました。

(⇒DJ 3DはMACを使ってスピン。音源はマックに入っているので、レコードを持ち歩かずに済むのです。ターンテーブルとマックをつなげて、マックから実は音を出しているとか。)

e0048909_9541967.jpg途中で、DJ EMSKEEがスタジオに集まった人の名前(私の名前も!)をSHOUT OUTして頂いたのには感激でした。(←写真がその時の瞬間)

DJの技術だとかは私はまったく分かりませんが、DJにそれぞれスタイルや個性、テイストがあるのにも関わらず、その日スピンしたDJのすべて選曲・つなぎが、ものすごく良かったです。DJの音楽への熱い気持ちがあるからこその選曲は、まさしくリアル。一瞬たりも聞いている側によそ見をさせている隙を与えないぐらい、のりのりの音楽を回してくれて、思わず体が動きっぱなしでした。

KOKOSOULさん、本当にありがとうございました。そしてDJのみなさんととラジオステーションにも感謝の気持ちです。
[PR]
by majipenda | 2005-11-07 10:06 | Music
e0048909_17212884.jpg1930年11月2日、エチオピアの最後の皇帝・アフリカ開放指導者としてソロモン王とシバ女王の血を引くと言われるHaile Selassie(ハイレーセラシエⅠ:1892-1975)が即位してから、今年で75年目。NYやブルックリンでレゲエのイベントがありました。そこでハイレーセラシエについて簡単に説明します。



e0048909_17215382.jpg
ハイレーセラシエⅠとは、三位一体の力を意味します。また、王の王、神の神、ユダ氏族の獅子王とも呼ばれています。レゲエ関係のもので、よくライオンの絵が描かれているのがあると思いますが、これはハイレーセラシエの王の王を象徴しています。

ハイレーセラシエが皇帝に即位する前は、ラス・タファライ・マコーネンという敬称で呼ばれていた。というのも、彼の名前はタファリ・マコーネン。それにラスという頭、首領と言う意味の称号をつけて、ラス・タファリ・マコーネンになりました。

e0048909_17262938.gifハイレーセラシエが即位する前の1920年、アフリカ帰還運動指導者のマーカス・ガーベイが、「黒人の王が即位する時のアフリカを見なさい。彼こそ救世主となるであろう」と語った。その後1930年にマーカス・ガーベイの予言通りになり、ハイレーセラシエは生き神とされた。その時からジャマイカではラスタファライズムと呼ばれる文化的思想や生活様式が顕著に現れ始めたのでした。そしてその思想がラスタファリ信仰の始まりとなったのです。

そのラスタファライ信仰をこの世に一躍広めたのがボブ・マーリーとなります。
[PR]
by majipenda | 2005-11-05 17:28 | Culture
NYに来てから、よっぽどのことがないとCDを買わなくなってしまった。なぜなら、メジャーなアーティストやミックスCDは海賊版(コピー版・違法です)として道端で買えるからです。しかしブルックリンのゲットーの道端で売っている海賊版に、マイナーなネオソウル系のアーティストのCDがあるわけない。

e0048909_13411437.jpg私が通うBONDY'SというCD屋さんは、ローワーマンハッタンに所在。ソウル、R&B、ヒップホップ、ジャズ、ゴスペル、レゲエなどのブラックミュージックのみの扱い。他のCD店よりも少し値段が安い。

ヒップホップよりも、断然ソウルミュージックが充実しているので、お客さんも年齢層が高め。ソウルミュージック好きの方には絶対にお勧めのCD屋さんです。よくTVのコマーシャルで見る70年代のソウルミュージックを集めたコンピアルバムや、甘~いラブソング集CD、歴代アーティストのCDなどが$10程度で買えます。



e0048909_141356.jpg

私にとってのこのお店のハイライトは、インディー系・アンダーグランド系のネオソウルのセクションが設置されていること!!!大手CD店では見られないインディーのネオソウル系のコンピレーションアルバム等があったり、私の知らないアーティストを知るには絶好の機会。



さらに、お店の奥にはDVDを売っている地下があります。地下のエリアを担当している店員さんは、アンダーグランドネオソウル系のイベントのプロモーターのお仕事もしています。店頭イベントはもちろん、”Nouveau Soundz"という名のアンダーグランド・アーティストのライブを企画・実行しています。私のブログでも以前書いたAngela JohnsonとMarlon Sandersのライブも”Nouveau Soundz"主催でした。彼の音楽に対する情報量はとても豊富で、いつも行くたびにお勧めのCDやこれから注目のアーティスト等とても親切に教えてくれるので、情報収集のためにもこのお店に通っています。

e0048909_143720.jpgアンダーグランドの純粋によい音楽を、積極的にプロモをし、ライブをリーズナブルな価格で提供している”Nouveau Soundz"は貴重な存在。アーティストとリスナーの橋渡しとして、売れ筋ではなく、本物のいい音楽を追求する姿勢を貫き通してくれるからこそ、リスナーがよい音楽に出会えるわけなので、感謝の気持ちを込めてサポートしたいと思います。
[PR]
by majipenda | 2005-11-05 14:06 | Music

Autumnal tint

11月には珍しく最高気温20度という暖かい日が数日続いているNY。秋晴れの朝、アパートを出るとアパート前のカラフルな葉っぱを持つ木の美しさに気が付きました。
e0048909_113224.jpg

           アパートの壁と似たような色をした、木の葉っぱ
e0048909_1134530.jpg

レッド、オレンジ、イエロー。。緑の葉っぱを持っていた木がここまでダイナミックに色が変わる自然の力に感動しました。
e0048909_1135725.jpg

いつもせわしなく、アパートからメトロまで歩いている道。ちょっと上をみるだけで、自然の美しさを感じることが出来た。今まで気が付く心の余裕もなかった自分に反省。ちょっとした心や気持ちの変化で、自然の恵みや幸せを感じることができるのだから。
[PR]
by majipenda | 2005-11-05 11:13 | Brooklyn
カリビアン料理に必ずと言っていいほど、おかずとして登場するPLANTAIN(プランテン)バナナというよりも、サツマイモみたいなに食べる感覚に近いです。


e0048909_131037.jpgバナナに非常によく似ているけれど、バナナよりもすこしだけまっすぐで長く、緑色。皮が非常に厚いので、バナナの感覚で皮を剥くのは無理なので、ナイフを使います。買った時は緑色なのですが、ちょっとバナナが熟しすぎた。。かもと思うぐらいにまで、黄色くなるのを待ってから食べると、甘さが出てきます。
(写真:プランテンの熟す過程。スーパーで売られている時は右のようにこんな緑色。真ん中は、緑色から黄色になって熟してきた時。左はちょっと黒くなってきて、かなり甘い味に。お好みで使い分ける)

e0048909_13113939.jpg調理方法は、
1.スライスプランテンを油で揚げるだけ
(お好みでお塩やお砂糖を振る)
2.プランテンの皮にナイフで半分切れ目を入れて、ゆでる
3.スライスプランテンを揚げたあと,つぶして再度揚げ、塩をふる
(プエルトリコの友達のやり方より)

個人的には、私はプランテン独自の甘い味が好きなので、黄色~黒っぽくなるまで待ちます。そして1番の調理方法で、お塩やお砂糖をかけずにそのままで食べるのが好きです。

e0048909_13173653.jpgスーパーで、三本で99セントというリーズナブルの値段かつ、栄養価はバナナとほとんど同じだが、カロチンはなんと!バナナの10倍あるそうです。さらに調理も簡単!一人暮らしの料理には非常に助かるおかずの一品。

写真の様なスパイシーなウェストインディアンカレーに甘いプランテンとの相性が好きです。
[PR]
by majipenda | 2005-11-01 13:22 | Food