Searching for my soul


by majipenda

Ashaka Givens Fashion Show

ブルックリン在住の黒人女性デザイナーAshaka Givensのファッションショーに行ってきました。
Ashakaは、Erykah Badu, Andre 3000, Common等R&B,ヒップホップアーティストの為にカスタムメイドの洋服をデザインしながらスタイリストを務め、00年から彼女自身が手がけるラインを展開。

e0048909_1152318.jpg23rd street/ハドソン川沿いにある船・波止場を改造したカフェ/バーでショーが行われました。100名前後のゲストが集まっていました。06春夏コレクションのテーマは"...and theri skin was made of Gold"。画家ゴーギャンのタヒチシリーズの作品(And the gold of their bodies,1901)からインスパイアされたもの。

ロングドレスが主で白、ブルー~紺、紫、マンゴーオレンジ、薄いピンクの色合いに、フェミニンなドレープの胸元と、背中がきれいにVの形に腰まで開いた背中、ビーズを使ったデザイン。肌にとても気持ちよくフィットされたのが見てわかるジャージ、シルク、シフォンなどの素材使い。女性らしいシェイプを見せながらも、流れるような美しいラインが完成されていました。
e0048909_11574547.jpge0048909_11595682.jpg














"...every Woman is a Goddess"がAshaka Givensのブランドテーマ。ショーのモデルたちは白人、黒人、アジア人が登場し、どの人種の女性が来ても彼女の洋服が似合う。まさにブランドテーマ通り、どの女性も女神みたいに美しく見せる洋服を披露してくれたAshaka Givensのコレクションでした。
[PR]
by majipenda | 2005-09-11 12:02 | Fashion/Beauty