Searching for my soul


by majipenda

Harriet's Alter Ego Fashion show

ファッションウィーク期間は公式のショー以外にも、NYのあちらこちらで多くのデザイナーたちのファッションショーが行われます。ファッションウィークの前日、8日(木曜日)にミッドタウンで行われたHarriet's Alter Egoのショーに、モデルに洋服を着せるドレッサーという仕事の為に参加しました。

Harriet's Alter Egoのデザイナーは、アフリカンアメリカンの女性。カラフルな色使い、ビンテージのリメイクやクロシェ使い、とにかく個性的。お店は私の家のすぐ近くにあり、彼女の洋服は、私の好きな洋服のひとつにあげられます。自分が好きなデザイナーのショーを手伝えるということで、とても楽しみでした。

e0048909_10315593.jpg

担当のモデルは三人。それぞれ二回着せ替えを手伝うのが私の役目。
ステージを歩き終わり、バックステージに戻ったモデルたちに、すぐさま洋服の着せ替え、アクセサリーの付け替えをしないといけません。もし、モデルの準備が間に合わなかったら、ショーで”間”が出来てしまうのです。

バックステージは、モデル、プレス、カメラマン、メイクアップ、ヘアスタイリストの人たちでごったがえしていて、とても慌しい雰囲気。そんな緊張感のもと、ショーが始まり、始まったと思ったら次から次へと着せ替えの仕事をし、息をつく暇があったときには、ショーが終わっていました。(バックステージは、クレイジーなぐらい忙しいと聞いていましたがまさにその通り)

白、緑、黄色、赤(TIE DYE柄)の色使い、コットン、白のレース、気持ちのよさそうなジャージ素材を多く使い、チューブトップ、ホルターネックのドレスを中心にした06年春夏コレクションでした。

裏方の仕事なので、ショーの様子が見れないのが残念でしたが、終わったときのみんなの満足感を見て、とても幸せな気分になりました。
e0048909_10355867.jpg

   (当日の写真が取れなかったので、05年春夏の洋服を参考に載せます)
[PR]
by majipenda | 2005-09-11 10:41 | Fashion/Beauty