Searching for my soul


by majipenda

Alizeが売っていない!?!?

e0048909_995338.jpg先日、お酒を飲みたくなって、引越しをしてから初めて近所の酒屋さんに行きました。

お気に入りのお酒はAlize Gold Passion。フランス産のコニャックとフルーツパッションで作られた、甘すぎずほど良い感じ。(シャンペンとALIZEを割って飲むとさらにおいしい)
ところが。。
店内を探しても見当たらない!!お店の人に聞いてみると、置いてないの一言。

これはありえない!と思って怒って、アパートに戻ってその話しをJRC君にすると、ここはCAUCASIAN(白人)が多く住むパークスロープだからだよ、って言われました。

実は、黒人受けするアルコールと白人受けするアルコールがあります。Alizeが黒人に好まれるのは、ラップの歌詞に用いられていることから、それを聞いている一般黒人層に人気になったのではと思います。

故2Pacの"Thug Passion"という曲で、Alizeがリリックの中で語られているのは、あまりにも有名。その他、P Diddy, 50 Cent, Jay-Z, R. Kelly, Ja Rule, Nelly and LL Cool J.等のリリックの中でもAlizeが出てきます。

Alizeの他に黒人受けするお酒といえば、フランス産コニャックHennessy!(主にゲットー系黒人の男の子からは絶大な支持)や不思議な水色のHPNOTIQ, Remy Red等。

黒人向け雑誌にも、これらのお酒の広告を必ず見ます。誰がターゲットカスタマーなのかきちんとわかっていてマーケティングしているわけです。

アメリカでは、日本と違い様々な人種の人々が住んでいます。従って、商品やサービスを売り込むときに、どのエスニックグループをターゲットにするのかは、とても大きな要因となります。

というわけで、白人層が多いパークスロープの酒屋さんにはAlizeもHpnotiqもHennessyも売っていなかったのです。
[PR]
by majipenda | 2005-09-01 09:22 | Food