Searching for my soul


by majipenda

BrooklynでChaka Khanのフリーライブ

NYの夏はフリーコンサートの季節!!!
今年の絶対に逃してはいけないフリーコンサートとして、前々からチェックをしていた、チャカカーンのライブが、本日8月15日にありました。
場所は、ブルックリンのクラウンハイツというエリアの、Wingate Field (Winthrop Street, between Brooklyn and Kingston Avenues)
とても大きなラグビー場の様なところで、ブルックリン中の黒人の人がみんな集まったのでは!?!?と思うほど、たくさんの人がいました。推定4000人以上の黒人の赤ちゃんからおじいさん・おばあさんまで、まるで日本のお祭りの雰囲気を出していました。

このエリアは、ゲットー度がかなり高く、集まった黒人の観客の多さよりも、異常なまでに多い警察の多さにびっくりしました。もしかしたら、決死のイベントかもしれないと思わせるほど。アメリカではもちろん荷物チェックと身体チェックがあります。これは写真や録画禁止のチェックではなく、武器(銃や刃物)などを持っているかのチェックです。

コンサート自体は7時半からスタートでしたが、チャカがパフォームしたのは9時半過ぎ。そして11時過ぎまでの一時間半以上、めいいっぱい歌ってくれました。

e0048909_14115864.jpg

黒のセクシーなボディコンに黒の網タイツの衣装で、思ったよりもスリムでした。フリーのコンサートにもかかわらず、ブルックリンのみんなの期待を裏切らない大迫力の歌声を聞かせてくれました。CDで聞くよりも上手なシンガーはなかなかいないけれど、彼女はCD以上の歌声。

私の大好きなSweet thingが一番盛り上がった様な気がします。チャカのバックアップシンガーのお兄さんと三人のお姉さんも、それぞれ独自のスタイルでかなりの迫力の歌声も見せてくれました。さすが、チャカのバックアップをしているだけあるなーと関心。そして、チャカのバックアップシンガーたちを讃える様子もとてもほほえましかったです。

熱唱のシーンには、惜しみない拍手や"Go, girl"などの掛け声をする、子供から60歳過ぎのおばちゃんたちまで、みんな一緒に歌って踊って。。。まさに楽しんで生きているというのはこのことか、と見せてくれる黒人の観客は、私は大好きです。

一ヶ月以上にわたって毎週月曜日にここで行われる、 Martin Luther King, Jr.
コンサートシリーズ。今年私が見れるライブはチャカが最後。(来週はカリビアンライブでSHAGGYが来ますが、私はプエルトリコに旅行中の為見れません。)

無事にライブが終わったこと、ただでパフォームをしたチャカと主催者の方に感謝の気持ちでいっぱいです。(ただでみれるなんて!!学生にはありがたい)来年は誰が来るのか楽しみに待つことにします。
[PR]
by majipenda | 2005-08-16 14:16 | Music