Searching for my soul


by majipenda

Brand New Heavies @WARSAW

8月19日に、90年代にACID JAZZブームを起こしたUKグループBrand New Heaviesのライブに行ってきました。最近、Brand New HeaviesがReunionしてCDをリリース。

個人的には、N'DEAがボーカルの時のBrand New Heaviesが最高だったので、このRenionは嬉しい。

まさかブルックリンでライブを見れるなんて、90年代高校生だった私には想像もつかなかった。90年代のACID JAZZは、当時の私にはとっても衝撃的だったし、夢中でした。Talking Loudミュージックレーベルから輩出するアーティストはみんないいアーティストだったし。

ヒット曲のDream on Dreamerは94年にJ-WAVEでヘビーローテーションだったな~。なつかしのこの曲のビデオはこちらから見れます。

ライブの会場は。。。名前から分かるとおりWARSAW=ワルシャワ。POLISHが多く住むブルックリンのグリーンポイント・ウィリアムズバーグなので、この名前。でも中はPOLISHの人が集い集会をやっていた名残が強く残る公民館!!!って感じです。おじいちゃん・おばあちゃんが座っている感じのイスと机がある、BARと小さなスナック。ステージは、体育館みたいな感じ。こんなところにBrand New Heaviesを呼ばなくても。。。とか思った。SOBSとかBlue Noteでもいいのに。それにも関わらず会場には、たくさんの人が集まっていました。

ライブは1時間半ちょっと。最初はN'DEAのボーカルはまずまずだったけれど、ウォームアップしたせいかどんどんいい調子になってきて、90年代そのままのハスキーで独特なボーカルを披露!!!途中30分後ぐらいに、Brother Sisterを歌った時は、メンバーも会場も盛り上がって来ました。
e0048909_10285335.jpg

90年代の音楽シーンにリアルタイムでどっぷり浸かれてよかったと思った一日。
一緒に行った友達とも話していたのが、90年代のアーティストっていいアーティストが多かったし、実力があるからこそ今再結成しても会場を満足させられるんだと思います。
e0048909_1029498.jpg

[PR]
by majipenda | 2006-07-27 10:29 | Music